戸建てとマンションのメリットとデメリツトを比較

 

戸建てとマンションのメリットとデメリツトを比較

 

 

どんなものにも長所があれば短所もあります。一般的にマンションにはどんなメリットとデメリッ卜があるのか、あらかじめ検討しておきましよう。

それぞれの特徴を把握しよう

 

 

一番の魅力は立地のよさ

 

まずはマンションのメリットを考えてみましょう。まず挙げられるのが立地のよさ。

「立地がよい」といっても内容は様々ですが、一般的にマンションはある秤度資本のあるデべロッパーが手がけます。

マンションは階数を重ねることで立地を効率よく利用できるため、上地の価格が高くても部屋が合います。なのでー般的に一戸逮てより立地がよくなるのです。

 

駅前の一等地などに3LDKのー戸建てを建てる場合、いくら長期のローンを組んでも、額の物件になって資金不足になります。

でも、マンションなら同じ3LDKでも、十分に現実的な価格で購入可能というわけです。

 

 

資産価値の低下が難点

 

反対に、デメリットとしてはどんなことがあるでしようか。一#大きいのは、やはり土地がないことによる資産価値の下落です。買う段階では「マンションか一戸建てか」と“迷うことができる”くらいの値段ですが、住み始めて「中古」になったとき、資産価値つまり売った場合の価格は比較にならないほど下がってしまうことが多く、上地付きの一戸建てに比べて資産価値は低くなりがちといえます。

 

そのほか、集合住宅のため騒音や人付き合いなどで隣人とのトラブルが起きやすい、間取りの変更が難しくなると、建て換えについて住民間でもめやすい、といったこともマンションのデメリットでしよう。

 
専有部分だから間取りは変更可能では?

確かに専有部分は所有者の持ち物ですが、天井や壁、床の向こう側は共有部分です。そこに影響する工事はできないので、結果的に間取り変更がかなり制限されます。影響のない範固なら基本的には変更可能です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です