中古マンションの検討ポイント

 

中古マンションの検討ポイント

 

 

マンションの管理の仕方はどうなってる?

ぜひともチェックすべきポイントが形態についてです。
「マンションに住んでいる知人を訪ねていったとき、1階の管理人室はいつも誰もいない……」という経験はありませんか?
マンションに住み込みの~~人がいる形態を「常駐」といいますが、そのほかに「原~として毎朝通ってくる」、「巡回にやってくる)」などがあります。
予定が許す限り、なるべく常駐の形態になっている物件を選びましょう。

 

 

中古マンションの検討ポイント

 

同じマンションでも新築と中古では検討すべきボイントに違いが出てきます価格の安さだけを追求せず、物件のクオリティを確かめましょう。

 

ねらいめは築5~10年

 

マンションに限らず、中古の物を買うときに重要なのは「問題なく使えるか」ということ。
まずは、これからトラブルなく生活できるコンデイションかどうかを確かめてください。

一般的なマンションなら、築15年を超えると改修が必要になってくるので、築5~10年までの物件を考えたほうがよいでしよう。
そのうえで、水回りやガスなどの設備、共有部分の状態などをチェックします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です