中古マンションの検討ポイント

 

中古マンションの検討ポイント

 

 

 

 管理組合と居住者の関心度

 

管理の状態は、新築マンションに重要なポイントです。

会社と管理組合がしっかりしていれば問題ありませんが、両者がなれ合い関係になって形骸化している場合もあります。

理事の総会の開催頻度、さらには居住の意識が高いかどうかも知っておく必要があるでしょう。

ろくに記録もないようなマンションは買わないことです。

 

 

 

隣りは何をしている人でしょうか?

 

新築マンションでは隣人を選べませんが、中古なら別です。

むしろ年齢層は積極的に検討すべきことです。

例えば、買おうとしているが家族向けの3LDKでも、隣りがワンルームの部屋なら住人は一人暮らしの若い人で、夜な夜な仲間が集まる“たまり場”かもしれません。

自分たちのライフスタイルに近い人たちかどうか確認しておきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です