マンション リノベーション

 

 

 

完成後の内覧会で物件の最終チェック

 

完成したマンションや建売住宅を購入者がチェックする機会を内覧会といいます。当日はどんなことに注意すればいいのか、見ていきましよう。

 

 

 

内装の仕上げをチェック

 

室内のチェックポイントは、マンションも一戸建てもだいたい共通です。
床のきしみ、壁や天井の傷や汚れ、ドアや窓サッシなどの勁き、収納棚の強度など、すべての所をもれなくチェックしましょう。とくに床のきしみはその上を歩いてみないとわからないので、くまなく歩いて確認します。

チェック中に気になる筒所が見付かったら、遠慮なく担当者に質問して正確な情報を得るようにしてください。

 

 

 

各設備はみんなで使ってみる

 

水回り関係、換気設備などは実際に使ってみて確認します。
家族の誰か一人だけがチェックしても気付けない部分があるので、なるべく家族全員でかけ、みんなでそれぞれの設備を使ってみるといいでしよう。
もしそこで使いにくい箇所があれば、まず図面との一致を確認します。

図面と違っていれば変更してもらえますが、一致している場合は売り主側の落ち度といえないこともあり、内容に応じて相談することになります。

 

 

 

建売住宅は家の外側も確認

 

一戸建ての内~会では、室外のチェックも大切です。外構はもちろん、できれば屋根の匕も因祝しておきたいところですが、実際は屋根までチェックできるケースは多くありません。

反対に、床点検口から中を見ることができるので必ず確認します。
一戸建ても図面と違う所があれば指摘して補修工事を依頼してください。