中古マンションの検討ポイント

 

 

 

 管理組合と居住者の関心度

 

管理の状態は、新築マンションに重要なポイントです。

会社と管理組合がしっかりしていれば問題ありませんが、両者がなれ合い関係になって形骸化している場合もあります。

理事の総会の開催頻度、さらには居住の意識が高いかどうかも知っておく必要があるでしょう。

ろくに記録もないようなマンションは買わないことです。

 

 

 

隣りは何をしている人でしょうか?

 

新築マンションでは隣人を選べませんが、中古なら別です。

むしろ年齢層は積極的に検討すべきことです。

例えば、買おうとしているが家族向けの3LDKでも、隣りがワンルームの部屋なら住人は一人暮らしの若い人で、夜な夜な仲間が集まる“たまり場”かもしれません。

自分たちのライフスタイルに近い人たちかどうか確認しておきましょう。

 

 

 

 

中古マンションの検討ポイント

 

 

マンションの管理の仕方はどうなってる?

ぜひともチェックすべきポイントが形態についてです。
「マンションに住んでいる知人を訪ねていったとき、1階の管理人室はいつも誰もいない……」という経験はありませんか?
マンションに住み込みの~~人がいる形態を「常駐」といいますが、そのほかに「原~として毎朝通ってくる」、「巡回にやってくる)」などがあります。
予定が許す限り、なるべく常駐の形態になっている物件を選びましょう。

 

 

中古マンションの検討ポイント

 

同じマンションでも新築と中古では検討すべきボイントに違いが出てきます価格の安さだけを追求せず、物件のクオリティを確かめましょう。

 

ねらいめは築5~10年

 

マンションに限らず、中古の物を買うときに重要なのは「問題なく使えるか」ということ。
まずは、これからトラブルなく生活できるコンデイションかどうかを確かめてください。

一般的なマンションなら、築15年を超えると改修が必要になってくるので、築5~10年までの物件を考えたほうがよいでしよう。
そのうえで、水回りやガスなどの設備、共有部分の状態などをチェックします。

 

 

 

マンションを購入する場合は、土地の評価も確認しましょう。

 
土地の“歴史”を登記簿で確認する

土地の購入は、ときに家そのものより高い買い物になりますどんな土地なのか、本当に買うべき土地なのかをしっかり見極める必要があります。

 

 

登記簿で素性を調査

 

土地の歴史は登記でチェックできます。

登記簿はその土地を符?する登記所に保管されており、閲覧できます(コピーもできます)。

土地の登記簿は大きく三つのファクターからなり、まず

「表題部」に所在(住所)や地目(土地の用途)、地積(面積)などが書かれています。

特に地植は実際に計測した面租と数が違う場合があるので、必ず確認しましよう。

続いて、これまでにその土地を所有した人が記載されている「甲区」を見ます。

年月日や所有権の移転がかれているので、頻繁に所有が代わっている土地は「何か理由があるのかも知れない」と推測できるわけです。

 

最後に「乙区」は、所有権以外の権利についての記載です。

メインは借地権や地上権(借地権の一種。借り主の権限が強い)、抵当権などです。

抵当権が設定されている土地は、残額を確認したうえで購人を検討しなければなりません。

 

どんな土地が理想的でしょうか?

登記簿からわかる“いい土地”とは、ひとことでいえば「ややこしい部分がない土地」ということです。

たとえば、地目と現地の様子が一致しない、地租と実測面積が違う、所有権以外の権利が数多く記載されている、見なれない名前の権利が書かれている、などです。

こういう「ややこしい部分」がある土地は、すべての事情をはっきりさせて、納得したうえでその土地を買うかどうかを判断すべきです。
登記所と法務局の違いは?

呼び名が違うだけで、意味する機関は同じです。登記事務は法務省の下部組織である法務局?その支局?出張所で取り扱いますが、これらの機関を登記法上で「登記所」と呼びます(法務局以下は行政法上の呼称)

 

 

 

 

土地探しのコツやポイントは? 愛知

 

規制ゼロの土地があるって本当?

市街化区域でも市街化調整区域でもない土地(非線引き区域)には、住宅建設への規制がありません。ただし、電気や水道、道路など生活基盤が整っていないので、たとえ家を建てても生活ができないのです。

 

一戸建て住宅の土地選びはこうする

立地のよさがウリの都市型マンションに比べれば多くは望めませんが、最低限の立地条件はクリアしたいものおもなポイントを解説します。

 

プラスとマイナスの要素を検討
“あるといい”ものが近いか

まずは「プラスなものが近くにあるか」をチェックします。鉄道の駅やバス停などの交通施設、スーパーやコンビニ、クリーニング店といった商業施設、公園や市区町村役場、交番などの公共施設がそれぞれどの辺りにあるか調べてみましよう。

大人が普通の速さで歩くと、1キロを歩くのにだいたい15分かかります。個人差はあると思いますが、このくらいが徒歩?の目安になるでしよう。

 

 

嫌悪施設の有無を調べる

次に「マイナスなものが近くにないか」のチェックです。たとえばゴミ焼却場や工場が近くにあると、ニオイや排煙だけでなく収集車や作業車が通る。

またその土地に生息するシロアリの種も把握できるとベターです。シロアリは種によって対処の難易度が変わりますので、極力イエシロアリのいない地域を選びましょう。

シロアリは愛知県では、主な種はヤマトシロアリになりますので、よほど大丈夫かと思います。
騒音も避けられません。また近年は、,高圧線から出る電磁波が近隣住民の健康に悪い影郛を与えているという報告も場えてきています。これらの施設は社会的な生活基盤としてはもちろん必要なものですが、あえてその近くの土地を選ぶ必要もないのですから、少なくとも有無の確認はしておきましょう。

 

 

譲れるものは譲るべき

予算が無尽蔵にあるなら別ですが、実際には、プラス要索だけでマイナス要素はゼロ、という土地はほぼありません。これから電車通勤生活が長く続くのなら最?り駅までの距離は就要ですし、定年後の夫婦なら緑の多い土地が?らしやすいかもしれません。自分たちにとっての優先順位を考えて、いい意味での妥協を心がけましょう0

“近隣にスーパーあり’’と書いてあっても、歩いて10分以上かかる場所に小さな生活雑貨店が1軒あるだけかもしれません。自分で実地確認をすればだまされずに済みますし、その業者の信頼度も判断できます。

 

 

 

何が決め手になる?マンションの立地条件

 

 

マンションにとって立地のよさが大切なことはすでに触れましたここでは、立地のよさを決める要素にはどんなものがあるのかを見ていきましよう。

 

第一のホイントは交通の便

まず挙げられるのは交通アクセスのよさ。電車通勤なら駅からの距離は重要ですし、同じ“駅近”でも通過電車の多い駅とターミナル駅では便利さが違います。
移動の場合は、大きな道路まですぐ出られればいいですが、路地では出かけるのがおっくうになるかもしれません。
宅活するうえで頻繁に使うのであれば別ですが、家から徒歩10分以内の距離でおもな生活必需品はそろうようにしておきたいものです。

 

 

教育施設や周辺の環境は?

小さな子供がいたり、またはこれから子供をつくる予定があるのなら、周辺場所も考慮します。保育園や幼稚園、小学校は徙歩15分以内でないと、小さな子供を歩かせるには不安です。

また、工場や斡線追路などが近くにあれば騒音や排気ガスの問題が少じやすいので、将来にないかも自治体に合わせましょう。

 

 

資産価値の面でも重要

マンションに資産価値を期待する場合、M須なのはなんといっても、>:地です。?.居の供給戸数はすでに供給過多なので、立地が?ければnいT-すら付かないこともあり得ます。:/1ti却に限らず、いつか人に?そうと考えている場合も、特に立地のよさは必??目。大家として誰かに?すとしても、立地がよくなければ納得できる家賃収入を得るのは雖しいでしよう。
駅から徒歩5分の好立地。なのに価格は相場よりかなり安い??。そんな物件があったら、飛びつく前に「何か理由があるんだろう」と考えましよう。ことマイホームに関しては、値段と内容はほぼ一致します。

 

 

 

 

 

戸建てとマンションのメリットとデメリツトを比較

 

 

どんなものにも長所があれば短所もあります。一般的にマンションにはどんなメリットとデメリッ卜があるのか、あらかじめ検討しておきましよう。

それぞれの特徴を把握しよう

 

 

一番の魅力は立地のよさ

 

まずはマンションのメリットを考えてみましょう。まず挙げられるのが立地のよさ。

「立地がよい」といっても内容は様々ですが、一般的にマンションはある秤度資本のあるデべロッパーが手がけます。

マンションは階数を重ねることで立地を効率よく利用できるため、上地の価格が高くても部屋が合います。なのでー般的に一戸逮てより立地がよくなるのです。

 

駅前の一等地などに3LDKのー戸建てを建てる場合、いくら長期のローンを組んでも、額の物件になって資金不足になります。

でも、マンションなら同じ3LDKでも、十分に現実的な価格で購入可能というわけです。

 

 

資産価値の低下が難点

 

反対に、デメリットとしてはどんなことがあるでしようか。一#大きいのは、やはり土地がないことによる資産価値の下落です。買う段階では「マンションか一戸建てか」と“迷うことができる”くらいの値段ですが、住み始めて「中古」になったとき、資産価値つまり売った場合の価格は比較にならないほど下がってしまうことが多く、上地付きの一戸建てに比べて資産価値は低くなりがちといえます。

 

そのほか、集合住宅のため騒音や人付き合いなどで隣人とのトラブルが起きやすい、間取りの変更が難しくなると、建て換えについて住民間でもめやすい、といったこともマンションのデメリットでしよう。

 
専有部分だから間取りは変更可能では?

確かに専有部分は所有者の持ち物ですが、天井や壁、床の向こう側は共有部分です。そこに影響する工事はできないので、結果的に間取り変更がかなり制限されます。影響のない範固なら基本的には変更可能です。

 

 

 

優良施工ネットワーク リノベーションの口コミ

 
優良施工ネットワークに寄せられたお礼の手紙をご紹介しておきます。

 

~神奈川県 30代 男性~

 

小さなネット広告がきっかけで、ここ数年、ちょくちょくこみあげてくる我が家の「不便さ」を改善することが
できました。私の考えているリノベーションができるのか否か、そして費用はいくらくらいかかるのか、
全く見当もつかず、業社も知らず、、。かと言ってもリノベーション業社に電話するのも怖いし
とずっと悩んでいました。
「優良施工ネットワーク」、、けっこう怪しげなネーミングに見えましたが来られたのは
とても感じの良い業社さん。何度か来ていただいて、見積もりも何度もお願いしてしまいましたが、
強引な勧誘や営業はありませんでした。施工前にも近所にあいさつに回ってくれましたし
施工中も疑義が生じれば、勝手に施工を進めず、きちんとこちらに報告をくれました。
職人さんも皆さん、芸術的な手さばきで感心しました。頼んでよかったです。
そんな状況ですので、保育園に通う息子も毎日現場を見たがり、「おっきくなったら大工さんになる!」
と楽しそうに話してくれます。私の思う通りのリノベーションができて、本当に感謝しています。
ありがとうございました。

 

 

 

新築マンションの検討ポイント

 

有名な販売会社だから安心……という安易な思い込みは危険!たとえ大手の新築マンションでも、自分で検討すべきポイントはあるのです。

 

 

販売施工業者から管理形態まで関わる業者の信頼度を調べる

 

第一のポイントは、その物件に関わる業者です。買い主が商接やりとりする相手は販売会社ですが、そのマンションを建てた施工業者や、管理を任されている管理会社のことも忘れてはいけません。販売会社は会社の規模や経験、施工業者はマンション建設にれているかどうか、管理会社は形式的でなくきちんと機能しているかをそれぞれ確認しましょう。

 

 

階数や位置、専有と共有など

 

もちろん、物件自体についてもしっかりチェックします。住環境や?座価値の面で?要なのは、階数と位骰です。建物が高屈になればなるほど、上柄階は眺めがよく防犯上も有利。高層マンションでなくても、上階は上からの騒音がないので人気が高く、それだけ購入価格や資産価値も高いのです。

また、専有部分と共有部分の境目も確認しておきましょう。

 

 

管理の仕方はどうなってる?

もう一つ、ぜひともチェックすべきポイントが管理形態についてです。「マンションに住んでいる知人を訪ねていったとき、1階の管理入室はいつも?くて誰もいない」という経験はありませんか?

マンションに住み込みの管理人がいる形態を「常貼」といいますが、そのほかに毎朝通ってくる)」、「巡?(管理会社の担当者が週に2?3?やってくる)」などがあります。予?が許す限り、なるべく常駐の形態になっている物件を選びましょう。

 

 

区分所有法

一般的にマンション法と呼ばれるが、正しくは「建物の区分所有等に関する法律」。所有権や専有部分と共有部分の違い、管理方法などマンション全般の基本ルールを規定している。

 

 

 

リノベーション 業者 評判

 

 

<<居間、ダイニング>>

・リノベーション前
1階の南側に約12畳の居間(L)がありました。
そしてダイニング台所(DK)はゲンカンへ向かう廊下をはさんだ北側にありました。

・リノベーション後
ここは当然、ダイニング台所と居間をワンルームにしました。間にあった廊下もこのLDKの一部に吸収されましたので、広々としましたしゲンカンへもドア1枚ですので、ペアレンツの移動も楽ちんになりました。
<<台所>>

・リノベーション前
居間ダイニングのところでも書きましたが、台所は北側にあったので、けっこう暗かったです。
今のような対面台所ではなく、壁に向かって立つタイプでした。
またダイニング台所として10畳ほどでしたので、そんなに広くはありませんでした。

・リノベーション後
LDKとして25畳以上になりましたので、台所は大き目のアイランド台所にしました。
そして収納は、私たち夫婦もペアレンツもあまり高いところに棚を作ると届きませんし、踏み台などを頻繁に使うのも危ないので、棚はなるべく手の届く範囲で、しかも奥行きも浅めにして、奥まで手が届かないということが無いようにしました。

また私のお母さんは昔から料理が得意で、特に煮物を作るのが好きですので、調理場に立っていることが多いです。
そこで窓側のすみっこに小さめの机を置いて、煮物などの合間にちょっと本を読んだり、
書き物をしたりできるスペースを設けました。
(これは上の画像を参照ください。例によってぼかしてますが、、)

台所は以上のような感じです。
最後に今回のリノベーションで非常にお世話になった、リフォーム業社さんに感謝の意味を込めて
サイトのリンクを添付しておきます。

 

 

リノベーションで二世帯住宅に 続き

 
ウチのリノベーション事例は、まだまだたくさんご説明しますが、今回のリノベーションをするにあたり、
一番大変だったのが業者さん選びでした。

ウチは、別に建築屋さんではありませんし、この家を買った時の工務店さんももう無くなっていました。
知り合いにも大工さんやリノベーション業者さんはいませんので、どうしようかと困っていたときに
ネットで、リフォーム業社さんという会社を見つけました。 いわゆる、業者さんをタダで説明してくれる会社で
そこを利用した方の評価が良かったリノベーション業者さんしか説明しない、という徹底ぶりのようです。

こちらのリフォーム業社さんには大変お世話になりました。 リノベーションをお考えの方は一度ご覧になってみてください。

 

 

<<和室>>

ペアレンツのお部屋が和室になります。
主に夫婦で布団を敷いて寝たりする寝室であり、普段居間以外にくつろぐ部屋になります。

・リノベーション前
もともとウチには、若かりし頃の家内の希望で和室がありませんでした。(まぁ当時はダサい、、と思っていたんでしょう)
しかし年老いたペアレンツにはやはり畳のお部屋が必要でしょう。
年寄りは和室が好きですし何より万が一転倒などした場合に、
畳であれば衝撃を吸収してくれるので多少はケガも軽くなるようです。

 

・リノベーション後
もともと1階のわりと日当たりのいい8畳の洋室を和室に改造しました。
娘も結婚して出ていってますし、仮に帰省してもまだ2階に部屋もあります。
年寄りはかいだんは極力 避けた方がいいですしね。
画像の右側をご覧いただき、まず作り付けの棚とその下に多少の収納を設けてました。
そして実家から大事に大事に持ってきたお仏壇です。こちらは画像の左側ですが、
仏壇スペースにはロールスクリーンを付けましたので、必要に応じて目隠しすることもできます。

ペアレンツのお部屋、和室についてはこのような感じです。
 

では続きはまた次回に。