マンションを購入する場合は、土地の評価も確認しましょう。

 
土地の“歴史”を登記簿で確認する

土地の購入は、ときに家そのものより高い買い物になりますどんな土地なのか、本当に買うべき土地なのかをしっかり見極める必要があります。

 

 

登記簿で素性を調査

 

土地の歴史は登記でチェックできます。

登記簿はその土地を符?する登記所に保管されており、閲覧できます(コピーもできます)。

土地の登記簿は大きく三つのファクターからなり、まず

「表題部」に所在(住所)や地目(土地の用途)、地積(面積)などが書かれています。

特に地植は実際に計測した面租と数が違う場合があるので、必ず確認しましよう。

続いて、これまでにその土地を所有した人が記載されている「甲区」を見ます。

年月日や所有権の移転がかれているので、頻繁に所有が代わっている土地は「何か理由があるのかも知れない」と推測できるわけです。

 

最後に「乙区」は、所有権以外の権利についての記載です。

メインは借地権や地上権(借地権の一種。借り主の権限が強い)、抵当権などです。

抵当権が設定されている土地は、残額を確認したうえで購人を検討しなければなりません。

 

どんな土地が理想的でしょうか?

登記簿からわかる“いい土地”とは、ひとことでいえば「ややこしい部分がない土地」ということです。

たとえば、地目と現地の様子が一致しない、地租と実測面積が違う、所有権以外の権利が数多く記載されている、見なれない名前の権利が書かれている、などです。

こういう「ややこしい部分」がある土地は、すべての事情をはっきりさせて、納得したうえでその土地を買うかどうかを判断すべきです。
登記所と法務局の違いは?

呼び名が違うだけで、意味する機関は同じです。登記事務は法務省の下部組織である法務局?その支局?出張所で取り扱いますが、これらの機関を登記法上で「登記所」と呼びます(法務局以下は行政法上の呼称)

 

 

 

 

土地探しのコツやポイントは? 愛知

 

規制ゼロの土地があるって本当?

市街化区域でも市街化調整区域でもない土地(非線引き区域)には、住宅建設への規制がありません。ただし、電気や水道、道路など生活基盤が整っていないので、たとえ家を建てても生活ができないのです。

 

一戸建て住宅の土地選びはこうする

立地のよさがウリの都市型マンションに比べれば多くは望めませんが、最低限の立地条件はクリアしたいものおもなポイントを解説します。

 

プラスとマイナスの要素を検討
“あるといい”ものが近いか

まずは「プラスなものが近くにあるか」をチェックします。鉄道の駅やバス停などの交通施設、スーパーやコンビニ、クリーニング店といった商業施設、公園や市区町村役場、交番などの公共施設がそれぞれどの辺りにあるか調べてみましよう。

大人が普通の速さで歩くと、1キロを歩くのにだいたい15分かかります。個人差はあると思いますが、このくらいが徒歩?の目安になるでしよう。

 

 

嫌悪施設の有無を調べる

次に「マイナスなものが近くにないか」のチェックです。たとえばゴミ焼却場や工場が近くにあると、ニオイや排煙だけでなく収集車や作業車が通る。

またその土地に生息するシロアリの種も把握できるとベターです。シロアリは種によって対処の難易度が変わりますので、極力イエシロアリのいない地域を選びましょう。

シロアリは愛知県では、主な種はヤマトシロアリになりますので、よほど大丈夫かと思います。
騒音も避けられません。また近年は、,高圧線から出る電磁波が近隣住民の健康に悪い影郛を与えているという報告も場えてきています。これらの施設は社会的な生活基盤としてはもちろん必要なものですが、あえてその近くの土地を選ぶ必要もないのですから、少なくとも有無の確認はしておきましょう。

 

 

譲れるものは譲るべき

予算が無尽蔵にあるなら別ですが、実際には、プラス要索だけでマイナス要素はゼロ、という土地はほぼありません。これから電車通勤生活が長く続くのなら最?り駅までの距離は就要ですし、定年後の夫婦なら緑の多い土地が?らしやすいかもしれません。自分たちにとっての優先順位を考えて、いい意味での妥協を心がけましょう0

“近隣にスーパーあり’’と書いてあっても、歩いて10分以上かかる場所に小さな生活雑貨店が1軒あるだけかもしれません。自分で実地確認をすればだまされずに済みますし、その業者の信頼度も判断できます。