中古マンションの検討ポイント

 

 

 

 管理組合と居住者の関心度

 

管理の状態は、新築マンションに重要なポイントです。

会社と管理組合がしっかりしていれば問題ありませんが、両者がなれ合い関係になって形骸化している場合もあります。

理事の総会の開催頻度、さらには居住の意識が高いかどうかも知っておく必要があるでしょう。

ろくに記録もないようなマンションは買わないことです。

 

 

 

隣りは何をしている人でしょうか?

 

新築マンションでは隣人を選べませんが、中古なら別です。

むしろ年齢層は積極的に検討すべきことです。

例えば、買おうとしているが家族向けの3LDKでも、隣りがワンルームの部屋なら住人は一人暮らしの若い人で、夜な夜な仲間が集まる“たまり場”かもしれません。

自分たちのライフスタイルに近い人たちかどうか確認しておきましょう。

 

 

 

 

中古マンションの検討ポイント

 

 

マンションの管理の仕方はどうなってる?

ぜひともチェックすべきポイントが形態についてです。
「マンションに住んでいる知人を訪ねていったとき、1階の管理人室はいつも誰もいない……」という経験はありませんか?
マンションに住み込みの~~人がいる形態を「常駐」といいますが、そのほかに「原~として毎朝通ってくる」、「巡回にやってくる)」などがあります。
予定が許す限り、なるべく常駐の形態になっている物件を選びましょう。

 

 

中古マンションの検討ポイント

 

同じマンションでも新築と中古では検討すべきボイントに違いが出てきます価格の安さだけを追求せず、物件のクオリティを確かめましょう。

 

ねらいめは築5~10年

 

マンションに限らず、中古の物を買うときに重要なのは「問題なく使えるか」ということ。
まずは、これからトラブルなく生活できるコンデイションかどうかを確かめてください。

一般的なマンションなら、築15年を超えると改修が必要になってくるので、築5~10年までの物件を考えたほうがよいでしよう。
そのうえで、水回りやガスなどの設備、共有部分の状態などをチェックします。

 

 

 

土地探しのコツやポイントは? 愛知

 

規制ゼロの土地があるって本当?

市街化区域でも市街化調整区域でもない土地(非線引き区域)には、住宅建設への規制がありません。ただし、電気や水道、道路など生活基盤が整っていないので、たとえ家を建てても生活ができないのです。

 

一戸建て住宅の土地選びはこうする

立地のよさがウリの都市型マンションに比べれば多くは望めませんが、最低限の立地条件はクリアしたいものおもなポイントを解説します。

 

プラスとマイナスの要素を検討
“あるといい”ものが近いか

まずは「プラスなものが近くにあるか」をチェックします。鉄道の駅やバス停などの交通施設、スーパーやコンビニ、クリーニング店といった商業施設、公園や市区町村役場、交番などの公共施設がそれぞれどの辺りにあるか調べてみましよう。

大人が普通の速さで歩くと、1キロを歩くのにだいたい15分かかります。個人差はあると思いますが、このくらいが徒歩?の目安になるでしよう。

 

 

嫌悪施設の有無を調べる

次に「マイナスなものが近くにないか」のチェックです。たとえばゴミ焼却場や工場が近くにあると、ニオイや排煙だけでなく収集車や作業車が通る。

またその土地に生息するシロアリの種も把握できるとベターです。シロアリは種によって対処の難易度が変わりますので、極力イエシロアリのいない地域を選びましょう。

シロアリは愛知県では、主な種はヤマトシロアリになりますので、よほど大丈夫かと思います。
騒音も避けられません。また近年は、,高圧線から出る電磁波が近隣住民の健康に悪い影郛を与えているという報告も場えてきています。これらの施設は社会的な生活基盤としてはもちろん必要なものですが、あえてその近くの土地を選ぶ必要もないのですから、少なくとも有無の確認はしておきましょう。

 

 

譲れるものは譲るべき

予算が無尽蔵にあるなら別ですが、実際には、プラス要索だけでマイナス要素はゼロ、という土地はほぼありません。これから電車通勤生活が長く続くのなら最?り駅までの距離は就要ですし、定年後の夫婦なら緑の多い土地が?らしやすいかもしれません。自分たちにとっての優先順位を考えて、いい意味での妥協を心がけましょう0

“近隣にスーパーあり’’と書いてあっても、歩いて10分以上かかる場所に小さな生活雑貨店が1軒あるだけかもしれません。自分で実地確認をすればだまされずに済みますし、その業者の信頼度も判断できます。