リフォーム 二世帯の間取り事例

 
<<外の門扉からゲンカン>>

・リノベーション前
まずは家屋のその外の門扉からゲンカンに向かう際、蹴上部分の高いかいだんが2段ありました。

・リノベーション後
高かった2段のかいだんを、門扉からゲンカンまでのあいだに4段にならして、蹴上部分が低くなるようにしました。
さらに手すりも付けて、転びにくくなるように、楽にかいだんを上がれるようにしました。

<<ゲンカンの中>>※上の画像参照(わざとボカシています。ぼやけたお母さんが若干怖いですが、、)

・リノベーション前
ゲンカン内はとても狭く、廊下に上がるところも高さがあり、つまづいて転ぶ危険がありました。

・リノベーション後
これまでの狭いゲンカンを少し広げました。
ゲンカンドアのサイドの壁を、採光するためにガラス窓を採用しました。(当然防犯用に、面格子も付けてあります。)
廊下への高さを無くし、バリアフリーにしたのは良かったのですが、
これまで廊下に腰かけて靴を履いていたので、それができなくなりました。
そこで靴箱に続けてベンチを作製して、そこに腰かけられるようにしました。
また靴箱は手すりとしても使えるように、廊下部分とゲンカン床にまたがるように取り付けました。

ゲンカンはウチの顔です。家族だけでなく、お客さんにも安心して来てもらえるようになりました。

 

 

では続きはまた次回にお届けいたします。

 

マンションリフォームの見積もり

 
マンションリフォームの金額を知るには、どこに見積り依頼を出せばいいのか、どこが良いリフォーム会社なのか。
見積りを取ると、高くてもそこでリフォームしなければ申し訳なく思ってしまいます。
見積り取るなら複数の会社から取らないと、1社だけでは安いのか高いのか分からないというお悩みがあると思います。
こちらはどんな方法かというと、所定の記入用紙にリフォームしたいお部屋の情報(間取りや築年数)、どのようにリフォームしたいか等、希望の内容を記入します。

そしてそれをFAXや郵便などで送ると、上記ネットワークに登録されたリフォーム会社の中から、リフォーム内容に合ったところを、これまでに利用された方の評価が良いところを選んで、そこに見積り依頼を出してくれて、金額や仕様をまとめた書類を1週間ほどで返送してくれます。

当然、リフォーム会社さんと顔を合わせず、電話等での営業もありません。
評判の良いリフォーム会社さんのみから、会社さんと顔を合わせることなく、よりお値打ちに
見積りを取る方法です。詳しくは、前回のブログもご確認下さい。