中古マンションの検討ポイント

 

 

 

 管理組合と居住者の関心度

 

管理の状態は、新築マンションに重要なポイントです。

会社と管理組合がしっかりしていれば問題ありませんが、両者がなれ合い関係になって形骸化している場合もあります。

理事の総会の開催頻度、さらには居住の意識が高いかどうかも知っておく必要があるでしょう。

ろくに記録もないようなマンションは買わないことです。

 

 

 

隣りは何をしている人でしょうか?

 

新築マンションでは隣人を選べませんが、中古なら別です。

むしろ年齢層は積極的に検討すべきことです。

例えば、買おうとしているが家族向けの3LDKでも、隣りがワンルームの部屋なら住人は一人暮らしの若い人で、夜な夜な仲間が集まる“たまり場”かもしれません。

自分たちのライフスタイルに近い人たちかどうか確認しておきましょう。

 

 

 

 

中古マンションの検討ポイント

 

 

マンションの管理の仕方はどうなってる?

ぜひともチェックすべきポイントが形態についてです。
「マンションに住んでいる知人を訪ねていったとき、1階の管理人室はいつも誰もいない……」という経験はありませんか?
マンションに住み込みの~~人がいる形態を「常駐」といいますが、そのほかに「原~として毎朝通ってくる」、「巡回にやってくる)」などがあります。
予定が許す限り、なるべく常駐の形態になっている物件を選びましょう。

 

 

中古マンションの検討ポイント

 

同じマンションでも新築と中古では検討すべきボイントに違いが出てきます価格の安さだけを追求せず、物件のクオリティを確かめましょう。

 

ねらいめは築5~10年

 

マンションに限らず、中古の物を買うときに重要なのは「問題なく使えるか」ということ。
まずは、これからトラブルなく生活できるコンデイションかどうかを確かめてください。

一般的なマンションなら、築15年を超えると改修が必要になってくるので、築5~10年までの物件を考えたほうがよいでしよう。
そのうえで、水回りやガスなどの設備、共有部分の状態などをチェックします。

 

 

 

新築マンションの検討ポイント

 

有名な販売会社だから安心……という安易な思い込みは危険!たとえ大手の新築マンションでも、自分で検討すべきポイントはあるのです。

 

 

販売施工業者から管理形態まで関わる業者の信頼度を調べる

 

第一のポイントは、その物件に関わる業者です。買い主が商接やりとりする相手は販売会社ですが、そのマンションを建てた施工業者や、管理を任されている管理会社のことも忘れてはいけません。販売会社は会社の規模や経験、施工業者はマンション建設にれているかどうか、管理会社は形式的でなくきちんと機能しているかをそれぞれ確認しましょう。

 

 

階数や位置、専有と共有など

 

もちろん、物件自体についてもしっかりチェックします。住環境や?座価値の面で?要なのは、階数と位骰です。建物が高屈になればなるほど、上柄階は眺めがよく防犯上も有利。高層マンションでなくても、上階は上からの騒音がないので人気が高く、それだけ購入価格や資産価値も高いのです。

また、専有部分と共有部分の境目も確認しておきましょう。

 

 

管理の仕方はどうなってる?

もう一つ、ぜひともチェックすべきポイントが管理形態についてです。「マンションに住んでいる知人を訪ねていったとき、1階の管理入室はいつも?くて誰もいない」という経験はありませんか?

マンションに住み込みの管理人がいる形態を「常貼」といいますが、そのほかに毎朝通ってくる)」、「巡?(管理会社の担当者が週に2?3?やってくる)」などがあります。予?が許す限り、なるべく常駐の形態になっている物件を選びましょう。

 

 

区分所有法

一般的にマンション法と呼ばれるが、正しくは「建物の区分所有等に関する法律」。所有権や専有部分と共有部分の違い、管理方法などマンション全般の基本ルールを規定している。